×

女子団体追い抜き 走順変えテスト、田畑「まあまあ」

[ 2014年2月4日 05:30 ]

女子団体追い抜きに出場し、3分3秒65をマークした(手前から)高木、押切、田畑の日本チーム

記録会

(2月3日 ソチ アドレル・アリーナ)
 女子団体追い抜きは高木、押切、田畑の3人で組み3分3秒65だった。出場したのは日本のみ。1月下旬の国内合宿では2番手が田畑、3番手が押切だったが、田畑の提案でより減速を防ぐ走順を試した。

 「まあまあのタイム」と田畑。通常は先頭から最後尾に交代するところを、押切が2番手に入るなどしたが、実戦形式でも違和感なくこなした。羽田コーチも「3秒台の設定はクリアできた」と及第点を与えた。今後は個人種目(1500メートル)に専念する方針だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2014年2月4日のニュース