サンダー“12年のリベンジ”でヒート撃破し9連勝

[ 2014年1月31日 05:30 ]

 12年NBAファイナルの再現となったサンダー対ヒート戦がマイアミで行われ、当時1勝4敗で敗れたサンダーが敵地で112―95と勝利を飾って9連勝。第1Q途中で18点を追う展開となったが、2季ぶりの得点王を狙うケビン・デュラント(25)が33得点を稼いで試合をひっくり返した。

 ヒートはレブロン・ジェームズ(29)が34得点を挙げたものの苦杯。相手に16本の3点シュートを決められるなど守備面で精彩を欠いた。なおアトランタで行われる予定だったホークス対ピストンズ戦は、南部を襲っている猛吹雪のために中止となった。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2014年1月31日のニュース