白鵬 幕内単独5位707勝!外国出身力士トップ

[ 2014年1月14日 05:30 ]

国技館に訪れたデーモン閣下(右)と握手する白鵬

大相撲初場所2日目

(1月13日 東京・両国国技館)
 白鵬が豊ノ島に立ち合いから押されながらも土俵際で冷静に引き落とし、幕内勝利数で単独5位となる707勝目を挙げた。

 これで初日に並んだ武蔵丸を超えて外国出身力士ではトップ。長い歴史の中で5人しかいない領域に達し「数々の名力士が積み重ねた白星。そこに仲間入りができ、こみ上げてくるものがある」と感無量の表情を浮かべた。「入った頃は“自分のために厳しい稽古をしろ”と言われたが、現在は自分一人の体ではない」と第一人者としての自覚を示した28歳が今場所の優勝争いもけん引する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年1月14日のニュース