町田 ソチで自作の新エキシビション披露も メダル獲り意欲

[ 2013年12月30日 05:30 ]

広島で行われた激励会に参加した町田

 フィギュアスケート男子の町田樹(たつき、23=関大)がソチ五輪のエキシビションに自作のプログラムを用意する可能性が29日、浮上した。

 今季のエキシビション「白夜行」は自身が振り付けたが、原作小説の物語が12月24日で終わっていることから、24日の「メダリスト・オン・アイス」で見納め。町田は「五輪用に考えています。自分でまた振り付けをするかも…」と不敵に笑った。

 五輪エキシビションは上位選手だけの出演とあって「メダルを獲るくらいの気持ちでやっているから」と強調。この日は少年時代を過ごした広島市で行われた激励会に出席し、「広島は戦争で大きな傷を負ったり、苦しい思いをしてきた。広島代表としていろんな思いを翼に乗せ、ソチで飛翔するさまを見ていただけたら」と力を込めた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月30日のニュース