鳥取城北高・水田 貴親方に褒められプロ入り決断

[ 2013年12月26日 05:30 ]

視力検査を受ける貴乃花部屋新弟子の水田健斗

 初場所の新弟子検査が両国国技館で行われ、鳥取城北高で相撲部主将を務めた水田健斗(17=貴乃花部屋)ら13人が受検し、全員が体格基準(身長1メートル67以上、体重67キロ以上)を満たした。

 1メートル77、135キロの水田は熊本・八代第四中時代に貴乃花親方(元横綱、スポニチ本紙評論家)に稽古を見てもらい「四股がきれいだ」と褒められたという。高校進学後も同親方が主催する合宿などで交流は続き「親方はオーラがあって凄い人。頑張りたい」とプロ入りを決断した。今夏の全国高校総体で団体優勝した埼玉栄主将の藤原虎太郎も藤島部屋に入門。鳥取城北は埼玉栄に敗れて準優勝だっただけに「負けたくない」とライバル心をのぞかせた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月26日のニュース