浅見八瑠奈、実戦復帰は白紙「どこを目指してやるのかと自問自答」

[ 2013年12月19日 20:34 ]

 世界選手権女子48キロ級準優勝で3連覇を逃した浅見八瑠奈(コマツ)は「来年は海外に行って練習をするとか、今までやっていなかったことをやりたい」と述べ、実戦復帰は白紙とした。

 同選手権決勝で右肘を痛め、1カ月以上も柔道着に袖を通さなかった。「連覇が止まり、どこを目指してやるのかと自問自答していた」という。

 最近になって本格的な練習を再開。「続けると決めたからにはしっかりやる」と3年後のリオデジャネイロ五輪を目指す決意は固まった。ただ周囲からは休養を勧められており、来年2月の欧州遠征参加は不透明な状況だ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月19日のニュース