カーママ北海道凱旋 小笠原「子供とのクリスマスは3年ぶり」

[ 2013年12月19日 05:30 ]

新千歳空港に到着した小笠原(中央)らカーリング女子日本代表

 ソチ五輪出場を決めたカーリング女子日本代表の北海道銀行が地元・北海道に戻った。スキップ小笠原は「ママ、帰ってきたよ」と新千歳空港で出迎えた地元局のテレビカメラに笑顔を向けるなど、リラックスした表情を浮かべた。

 年内は休養に充て年明けから五輪に向けて始動。小笠原は「常呂が原点。時間があれば練習したい」と話した。地元・北見市常呂町のカーリングホールは先月、国際大会開催規格に準拠した新ホールに生まれ変わった。ソチに向け地元での“投げ初め”で再スタートを切る。「子供とのクリスマスは3年ぶり。思いきり甘えさせてあげたい」(小笠原)と“カーママ”はこの時ばかりは母の顔に戻った。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月19日のニュース