関東学院大ラグビー部 解任原口監督の後任人事は白紙 

[ 2013年12月19日 05:30 ]

解任された関東学院大ラグビー部の春口監督

 ラグビー関東大学リーグ戦グループ2部の関東学院大は、13日付で解任した春口広監督(64)の後任人事について「OBの起用、外部からの招へいなどを含めて、現段階で全て白紙」と回答した。

 74年に監督に就任した春口氏は、同大を全国大学選手権優勝6度の強豪に育て上げたが、07年の部員の不祥事でいったん引責辞任。31季ぶりに2部に降格した今季は監督に復帰していたが、1部との入れ替え戦に敗れて再昇格はならなかった。大学側は「不振の責任を問うた。来年1月末までに新体制をスタートさせたい」とした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月19日のニュース