ブレイザーズ2戦連続劇勝 残り0・4秒、リラード3点S成功

[ 2013年12月19日 05:30 ]

<トレイルブレイザーズ・キャバリアーズ>シュートを放つトレイルブレイザーズのリラード

 リーグ最高勝率を挙げているNBAのトレイルブレイザーズはキャバリアーズに競り勝って5連勝。15日のピストンズ戦で劇的なシュートを決めたばかりのダミアン・リラード(23)が、同点で迎えた第4Q残り0・4秒に自己最多となる8本目の3点シュートを成功させてチームを勝利に導いた。レイカーズのコービー・ブライアント(35)はグリズリーズ戦で21得点。復帰後6戦で2勝目を飾った。サンダーは7連勝。得点部門1位のケビン・デュラント(25)は30得点を稼いでいる。

 トレイルブレイザーズは残り7秒で同点とされたが、リラードが正面から絶妙の3点シュートを成功。ピストンズ戦では延長残り0・1秒に決勝のシュートを決めており、2試合連続の“準ブザービーター”を成功させたヒーローはチームメートにもみくちゃにされた。「ゴール下に行くとサイズの大きな選手が待ち構えていたので、アウトサイドから狙っていた」と昨季の新人王はニヤリ。次期米国代表で、この日対戦したキャバリアーズのアービング(25得点)と先発ガードの座を争うとみられているが、勝負強さでは一枚上だった。

 ≪今季自己最多≫リラードの36得点10アシストは2部門とも今季自己最多。今季の平均得点は20・7で昨季から1・7点アップ。デビューから全108試合に先発している。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月19日のニュース