国内男子ツアー 来季は過去最少の22試合に…

[ 2013年12月13日 05:30 ]

 日本ゴルフツアー機構は来季の国内男子ツアーの日程を発表した。国内開催はパナソニック・オープンが中止となり過去最少の22試合。今年に続いて3月のタイ・オープンとインドネシア・プロ選手権の2試合をワンアジア・ツアーと共催し、賞金ランクに加算する。賞金ランク加算試合は24試合となる。

 今年行われたVanaH杯KBCオーガスタとコカ・コーラ東海クラシックは冠スポンサーが外れ、KBCオーガスタと東海クラシックの大会名となる。JGTOの鷹羽副会長は「試合数を増やすと言っているのに、逆に減る結果となり残念。松山と石川が米国を主戦場として戦うので早く成績を上げてもらって日本の試合にも出てほしい」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2013年12月13日のニュース