リオ五輪新体操でチーム増検討 12から14に

[ 2013年11月29日 23:51 ]

 国際体操連盟(FIG)は28日、2016年リオデジャネイロ五輪で新体操団体の1チームの登録人数を1人減らして5人にすることを検討すると発表した。出場国・地域を12年ロンドン五輪の12から14に増やすためで、22日までスイスのローザンヌで開いた理事会で決めた。

 団体は2種目合計で争われ、各種目5人で演技する。これまでは6人の登録が認められていた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年11月29日のニュース