大山 18番ダボ「詰めが甘い。だから優勝できない」

[ 2013年11月29日 17:54 ]

単独首位に立った大山志保

女子ゴルフツアー ツアー選手権リコー杯第2日

(11月29日 宮崎CC=6451ヤード、パー72)
 単独トップに立った大山は、最終18番に悔いを残した。2打目をグリーン右下のラフへ。寄せは10メートルもオーバーするミスになり、3パットで痛恨のダブルボギーとなった。「最後だけ。詰めが甘い。だから優勝できないんでしょうけど」と反省を繰り返した。

 それでも、積極性が魅力の元賞金女王は2年ぶりの優勝に向け、すぐに気持ちを入れ替える。「ダボで逆に気が引き締まってよかった」と前向きに受け止めた。

 ▼イ・ボミ(昨年覇者。2打伸ばし、首位に1打差)17、18番は風とかが本当に難しくてボギーになっちゃいましたけど、他はよかった。
 
 ▼吉田弓美子(首位から5位に後退も前向き)去年と違って、ただ参加するだけの吉田じゃないところを見せられたらと思うし、しっかり優勝争いしたい。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年11月29日のニュース