“石松”と同学年アマ大堀 復帰戦で「満足」8位

[ 2013年11月29日 05:30 ]

8番、ティーショットを放つ大堀

男子ゴルフツアー カシオ・ワールドオープン第1日

(11月28日 高知県安芸郡芸西村 Kochi黒潮カントリークラブ=7316ヤード、パー72)
 松山、石川と同学年の新星が大舞台で躍動した。大堀は「2カ月ぶりの試合で緊張したが、1アンダーの結果に満足している」と笑顔で話した。

 9月のパナソニックオープン初日に肋骨を骨折。11月からクラブを使う練習を再開させたばかりだが「1Wが凄く良かった」と好スコアを分析した。大会前日に石川と「頑張ろうな」と励まし合ったそうで、「やるからには負けたくない」と闘志を燃やした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年11月29日のニュース