ヒート監督がフィリピン援助 NBA、選手会も義援金

[ 2013年11月14日 09:52 ]

 米プロバスケットボール、NBAでヒートのスポルストラ監督は13日、台風で甚大な被害を受けたフィリピンに対して援助を行うと国連児童基金(ユニセフ)を通じて発表した。母親がフィリピン出身の同監督は「ユニセフとともに安全な水、食料、薬などを提供する」との声明を出した。

 NBAやNBA選手会も既に義援金を送ることを発表しており、総額で少なくとも100万ドル(約9900万円)に上るとみられる。(AP=共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年11月14日のニュース