栃ノ心 さらに2カ月の安静 右膝大けがで秋場所休場

[ 2013年9月14日 20:04 ]

 膝のけがで大相撲秋場所の休場が決まっていた西十両筆頭の栃ノ心(25)=本名レバニ・ゴルガゼ、グルジア出身、春日野部屋=は14日、日本相撲協会に「右膝前十字靱帯損傷、右膝内側側副靱帯損傷で、さらに2カ月間の安静療養が必要」との診断書を提出した。

 栃ノ心は7月の名古屋場所5日目の取組で右膝に大けがを負い、途中休場した。休場は2場所連続で3度目。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年9月14日のニュース