東京国体 フェンシング太田出場へ 陸上桐生もエントリー

[ 2013年9月12日 20:25 ]

 日本体協は12日、東京国体(28日~10月8日)にロンドン五輪フェンシング男子フルーレ団体銀メダリストで、2020年東京五輪の招致活動に関わるなどして競技から離れていた太田雄貴(東京・森永製菓)がエントリーしたと発表した。

 陸上男子100メートルで日本歴代2位の10秒01を出した桐生祥秀(京都・洛南高)や、卓球のロンドン五輪女子団体で銀メダルを獲得した石川佳純(山口・全農)、バレーボールは女子日本代表の荒木絵里香(滋賀・東レ)が出る。

 全国障害者スポーツ大会(10月12~14日)の陸上女子には、20年東京五輪開催を決めた国際オリンピック委員会総会の最終プレゼンテーションで活躍した佐藤真海(東京都)がエントリーした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年9月12日のニュース