ロコ・ソラーレ北見が中電破る カーリング代表決定戦開幕

[ 2013年9月12日 15:08 ]

中部電力戦でショットを放つロコ・ソラーレ北見の本橋(中央)

 カーリングのソチ冬季五輪世界最終予選(12月・ドイツ)代表決定戦が12日、札幌市のどうぎんカーリングスタジアムで開幕し、女子はロコ・ソラーレ北見が優勝候補の中部電力を8―4で破った。札幌国際大は北海道銀行に10―2で大勝した。

 男子はSC軽井沢クが北見協会に、札幌がチーム北見に勝った。

 男女とも4チームによる2回戦総当たりの1次リーグを行い、上位2チームが決勝を戦う。決勝は1次リーグの対戦結果を持ち越し、4勝を挙げたチームが世界最終予選に出場する。

 ◆五輪への道のり 今回の決定戦の男女優勝チームが、12月にドイツで行われる世界最終予選でソチ五輪の国別出場枠を争う。最終予選は男子8カ国、女子7カ国が出場し、ともに2位までが五輪切符を獲得する。日本協会は出場枠を獲得したチームを五輪代表にすると決めている。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年9月12日のニュース