瀬戸 早大総長に世界選手権V報告、リオ&東京連続金だ

[ 2013年9月10日 06:00 ]

 競泳の世界選手権男子400メートル個人メドレーで金メダルに輝いた瀬戸大也(19=JSS毛呂山)が東京都新宿区の早大で鎌田薫総長(65)に優勝報告を行い、「金メダルが自信になったので、リオデジャネイロ、東京と、五輪で2大会連続の金メダルを獲りたい」と話した。

 来季の目標に400メートルでの4分5秒台を掲げ「3年後に向けての通過点。世界新で五輪金メダルを獲るのが目標」と宣言。オフシーズンの練習に意欲を示した。13日からの東京国体は、100メートルバタフライと400メートル自由形に出場する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年9月10日のニュース