松山 早すぎて勇太から突っ込み 日米大学対抗戦前夜祭

[ 2013年9月10日 06:00 ]

 先週のフジサンケイ・クラシックで今季3勝目を挙げた男子ゴルフの松山英樹(21=東北福祉大)は優勝から一夜明けた9日、日米大学対抗戦(10~12日、福島・棚倉町)の前夜祭に出席。イベント前に56分の早業で9ホールをプレーしたことを明かすと、同席した池田勇太から「試合でもそれぐらいで回れ」と鋭い突っ込みを受けた。

 7月の全英オープンはスロープレーで1罰打を受け、フジサンケイ・クラシックでは同組の横尾要がプレーペースに苦言を呈した。通常9ホールを回るには2時間を要するが、この日は駆け足でプレー。横尾や池田のおしかりには真摯(しんし)に受け止めており「気をつけます」と頭を下げていた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年9月10日のニュース