室伏 現役続行を示唆!45歳で東京五輪出場に意欲

[ 2013年9月9日 06:00 ]

東京五輪開催が決まり、現役続行に意欲を示した陸上男子ハンマー投げの室伏

2020年「東京」五輪決定

 04年アテネ五輪陸上男子ハンマー投げ金メダリストの室伏広治(ミズノ)は都内のホテルで会見し「多くの関係者のサポートのもと勝ち取ることができた。本当にうれしく思う」と喜んだ。

 これまで16年リオデジャネイロ五輪の挑戦も明言していなかったが「次のリオでやめようと思っていた。でも(東京が決定し)心が揺らぐものがある」と発言。45歳で迎える20年に向け「ハンマー投げは瞬発力が必要な競技でパワーがいるけど、それをどうやって乗り越えていくかを見てもらうことで、勇気と希望を与えられるということもある」と出場を示唆した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年9月9日のニュース