38歳の室伏「年齢の限界に挑戦したい」と意欲

[ 2013年8月10日 06:00 ]

陸上の世界選手権開幕2日前のイベントで、笑顔で写真撮影に応じる室伏広治(中央)ら

陸上世界選手権

(ロシア・モスクワ)
 男子ハンマー投げに前回王者として出場する38歳の室伏は「全力でいくしかない。年齢の限界に挑戦したい」と意欲をのぞかせた。

 参戦に踏み切ったのは、10月に39歳を迎える肉体で「どこまでできるかを見てほしい。同年代の人に伝わるものがあるはず」という思いがあるからだ。日本選手権で19連覇を達成した際の記録は76メートル42。これは出場予定の29選手中23番目だが、父・重信氏は「80メートルをばんばん出していたころとは違う。気楽にやればいい」と激励した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年8月10日のニュース