PR:

早川・遠藤組が8強進出

 バドミントンの世界選手権は8日、中国・広州で各種目3回戦が行われ、男子ダブルスで早川賢一、遠藤大由組(日本ユニシス)がマレーシアのペアを2―0で下し、ベスト8入りを決めた。

 9日の準々決勝ではメダルを懸け、ロンドン五輪金メダルの蔡(サイ)贇(イン)、傅(フ)海(カイ)峰(ホウ)組(中国)と戦う。混合ダブルスの早川、松友美佐紀(日本ユニシス)組も8強入りした。

 女子ダブルスで11年大会銅メダルの末綱聡子、前田美順組(ルネサス)と脇田侑、江藤理恵組(岐阜トリッキーパンダース)は敗退。女子シングルスの広瀬栄理子(ヨネックス)と高橋沙也加(日本ユニシス)、男子シングルスの上田拓馬(日本ユニシス)も敗れた。(共同)

[ 2013年8月9日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:09月22日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画