稀勢弟弟子が“援護”高安また金星「自信」2戦2勝

[ 2013年7月10日 06:00 ]

記者の質問にこたえる高安

大相撲名古屋場所3日目

(7月9日 愛知県体育館)
 稀勢の里の弟弟子・高安が日馬富士から金星を奪った。「やるなら思いっきりやろう」と立ち合い右で張って左を差すと即座の上手ひねりで完勝して初白星。横綱昇進後の日馬富士には2戦2勝で“カモ”にしており「自信を持てている」と胸を張った。

 綱獲り大関が優勝争いに絡んだ場合、この日の金星が大きな1勝となるかもしれないが「自分のことで精いっぱい」。平成生まれ初の三役へ「その気持ちはあります」と意欲を見せた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年7月10日のニュース