アザレンカが棄権 ウィンブルドン第3日

[ 2013年6月26日 22:10 ]

 テニスのウィンブルドン選手権第3日は26日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルスで第2シードのビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)が右膝負傷のため、フラビア・ペンネッタ(イタリア)との2回戦を棄権した。

 男子シングルス2回戦では全仏オープン王者のラファエル・ナダル(スペイン)を1回戦で破ったスティーブ・ダルシス(ベルギー)が右肩痛で棄権した。初優勝を目指す第2シードのアンディ・マリー(英国)は盧彦勲(台湾)と対戦する。第6シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)はエルネスツ・ガルビス(ラトビア)と顔を合わせる。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2013年6月26日のニュース