松山がリオ五輪強化指定 石川は承諾書提出せず

[ 2013年6月17日 19:18 ]

 日本ゴルフ協会(JGA)を中心とした五輪競技対策本部が2016年リオデジャネイロ五輪に向けた強化指定選手として、男子は松山英樹だけを日本オリンピック委員会(JOC)に推薦することが17日、分かった。対象は8人いたが、石川遼を含む他の7選手は承諾書を提出しなかった。7月1日付でJOCが認定する見通しで、松山には強化費が支給される。

 男女ともに昨年末の世界ランキング上位8選手が推薦の対象だった。男子は3月に説明を聞いた際に、ドーピング検査のため一定期間の居場所を報告する義務が生じることなどに不安の声が上がっていた。

 女子は宮里藍、宮里美香ら8人が推薦され、日本女子プロゴルフ協会によると、4月1日付でJOCの認定を受けた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2013年6月17日のニュース