17歳・寺本明日香が初優勝、世界選手権代表に

[ 2013年6月9日 15:12 ]

女子個人総合で初優勝を果たし、笑顔で手を振る寺本明日香

 体操のNHK杯最終日は9日、東京・国立代々木競技場で個人総合を行い、女子は17歳の寺本明日香(レジックスポーツ)が82・500点で初優勝を果たし、世界選手権(9~10月・ベルギー)の代表に決まった。5月の全日本選手権を制した笹田夏実(東京・帝京高)が82・150点の2位、村上茉愛(池谷幸雄倶楽部)が3位だった。

 世界選手権代表は男子が6人で女子は4人。29、30日の全日本種目別選手権で出そろう。

 ▼寺本明日香の話 4種目全体でノーミスだったのが良かった。目標のタイトルを取り、世界で活躍できる選手になるんだと責任感が生まれた。世界選手権では攻める演技をしたい。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年6月9日のニュース