松山 自らを称える「ずいぶん成長したなと思う」

[ 2013年6月2日 18:35 ]

 男子ゴルフツアーのダイヤモンド・カップ・ゴルフ最終日は2日、茨城・大洗GC(7190ヤード、パー72)で行われ、松山英樹(21=東北福祉大)が4月のプロ転向から5戦目で2度目の優勝を飾った。

 怪物ルーキー、松山はほっとした表情で2勝目を振り返った。

 ―4年前にベストアマチュア(30位)になった同じコースで勝った。

 「今回は優勝で表彰式に出られた。ずいぶん成長したなと思う。逃げ切る難しさを(逆転されて2位になった前戦の)日本プロで分かったので、勝てて本当によかった」

 ―早くも2勝目。

 「2位が2回続いて悔しい部分があった。(最終日の)途中、バーディーが取れなくてストレスがあり、いらいらしたけど、気持ちを切らさずに最後までできたので自信になる」

 ―中嶋との最終組は。

 「勝負として変に意識することなくできたが、集中したときのすごさなど、自分にはないものを感じた」

 ―次は全米オープン。

 「自分では(今大会は)満足のいかない内容だった。しっかり調整して万全の状態で行きたい。予選を通過して、日本にいい報告をしたい」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年6月2日のニュース