若林、後半で意地「自分はこれでいいのか、と問いかけ…」

[ 2013年5月19日 17:56 ]

最終日、通算5アンダーで2位に終わった若林舞衣子。3番で第2打を放つ

ほけんの窓口レディース最終日

(5月19日 福岡・福岡CC=6304ヤード、パー72)
 首位と1打差で出た若林だが、8番までで3ボギー(1バーディー)と前半でつまずいた。「雨が強く降っていて、ショットも集中しきれていなかった」と唇をかんだ。

 ただ、折り返してから意地をみせた。「自分はこれでいいのか、と問いかけながらやっていた」。ショットの精度も高まり、後半は3バーディー、1ボギーと盛り返し、2位で大会を終えた。次週へ「少し良くなったと思うので、チャンスがあれば集大成でいければいい」と前向きだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年5月19日のニュース