川内 ハーフ連闘でトップも優勝辞退「賞品もらうのは…」

[ 2013年5月6日 06:00 ]

<豊平川マラソン>ハーフマラソンに出場し、トップでゴールした川内

 陸上男子マラソンで世界選手権代表の公務員ランナー・川内優輝(26=埼玉県庁)が札幌市で行われた豊平川マラソンのハーフマラソンに出場。前日4日に埼玉県でハーフマラソンを完走した疲れを見せず、スタートから首位を独走すると、1時間5分45秒のトップでゴール。

 だが、「優勝して賞品をもらうのは…」と市民ランナーを優先し、優勝を辞退した。表彰式ではプレゼンター役に徹してファンの歓声を浴び「ハーフの連闘は初めてだが、合宿では、よくあること。いい追い込みができた」と汗を拭った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年5月6日のニュース