石川遼「スコア狙える内容でない」 ぎりぎり69位で予選通過

[ 2013年5月4日 09:44 ]

第2ラウンド、16番でパットを外し、厳しい表情の石川遼

 米男子ゴルフのウェルズ・ファーゴ選手権は3日、米ノースカロライナ州シャーロットのクウェイルホロー・クラブ(パー72)で第2ラウンドを行い、石川遼は2バーディー、3ボギーの73で回って通算2オーバーの146、69位でぎりぎり予選を通過した。石川の決勝ラウンド進出は4月のマスターズ・トーナメントから3戦連続。

 フィル・ミケルソン(米国)が67をマークし、通算9アンダーでトップ。2打差の2位にニック・ワトニー(米国)ら3人、さらに1打差でロリー・マキロイ(英国)ら5人が続いた。

 ▼石川遼の話 あまりショットが良くなかった割には粘れたが、いいスコアを狙える内容ではなかった。(池に入れた7番は)体が起き上がってしまった。前のホールと同じミスだし、全体的にああいうスイングが多かった。直していかなければいけない。(共同)

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年5月4日のニュース