豪栄道速攻相撲で圧倒「前に出ることできて良かった」

[ 2013年5月4日 06:00 ]

 7場所連続で関脇を務める豪栄道も出羽海一門の合同稽古で21番取って16勝5敗と順調な仕上がりをアピール。把瑠都に力負けする場面もあったが、格下相手には速攻相撲で圧倒して「前に出ることができて良かった」。

 一門は毎年正月だけ連合稽古を行い、それ以外に集まって稽古をすることは異例。期待の大関候補は「こうやっていっぱい(稽古相手が)いるのはいい」と刺激を受けていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年5月4日のニュース