デュエットTR、乾&足立組91・844点で2位

[ 2013年5月4日 06:00 ]

デュエット・テクニカルルーティンで2位につけた乾(奥)、足立組

シンクロナイズドスイミング 日本選手権第2日

(5月3日 静岡県・浜松市総合水泳場)
 ジャパン・オープンを兼ねて行われ、デュエット・テクニカルルーティン(TR)で世界選手権(7~8月、バルセロナ)代表の乾友紀子(井村シンクロク)足立夢実(東京シンクロク)組が91・844点で2位につけた。

 オナ・カルボネル、マルガ・クレスピ組(スペイン)が92・640点でトップ。非五輪種目のフリーコンビネーションは世界選手権代表の日本(足立、三井、中村、吉田、荒井、糸山、計盛、中牧、杉山、箱山)が93・388点で優勝した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年5月4日のニュース