白鵬 弟弟子に期待「敢闘賞を取ってもらいたい」

[ 2013年4月30日 16:25 ]

 2場所連続25度目の優勝を狙う横綱白鵬は30日、東京都墨田区の宮城野部屋で新入幕の大喜鵬に15番胸を出した。相手に突き、押しで攻めさせ「もっと膝を曲げろ」などと指導しながら、自らの動きをチェック。勢いのある弟弟子に「敢闘賞を取ってもらいたい」と期待感を示した。

 その後は幕下力士を立たせ、当たりの確認を休みなく繰り返した。29日には25番取っており、最近の場所前より精力的に汗を流している印象。「いつものように来週から出稽古に行く」と、時津風部屋などを訪れて仕上げる方針を示した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年4月30日のニュース