NBA選手が同性愛告白 異例の公表に大きな反響「自分が言うことにした」

[ 2013年4月30日 10:19 ]

 米プロバスケットボール、NBAのジェーソン・コリンズ(34)が、29日付のスポーツイラストレーテッド誌(電子版)でゲイであることを告白した。AP通信によると、北米の主要プロスポーツリーグで男性の現役選手が同性愛者であることを公表するのは初めてで、大きな反響を呼んでいる。

 身長213センチのコリンズは同誌への寄稿文で「私はNBAでプレーする34歳のセンター。私は黒人。そして私はゲイ」と書き出し「誰もゲイであることを公表してこなかったから、自分が言うことにした」と説明。NBA12季目の今季はウィザーズなどでプレーし、現在はフリーエージェントとなっている。

 NBA、レーカーズのスーパースター、コービー・ブライアントは短文投稿サイトの「ツイッター」でコリンズへの支持を表明した。一人娘のチェルシーさんがコリンズと同時期にスタンフォード大に通ったビル・クリントン元大統領も「プロスポーツにとって大きな出来事」と決断をたたえる談話を発表した。(共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年4月30日のニュース