エージシュート スニードが2度達成、シニアで青木は3度達成

[ 2013年4月25日 19:39 ]

尾崎将司エージシュートの62マーク

 ▽エージシュート ゴルフの1ラウンド、18ホールを自身の年齢以下のストロークで回ること。日本ゴルフツアー機構によると、米ツアーでは1979年のクアッド・シティーズ・オープンの第2ラウンドでサム・スニード(米国)が67歳で「67」を記録したのが初めて。スニードは最終ラウンドも「66」で回った。日本のシニアツアーでは、81年の関東プロシニアの第1ラウンドで中村寅吉が65歳で「65」をマークしたのが初めて。青木功はシニアで3度達成している。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年4月25日のニュース