さくら パットで散る…同組・佐伯に「ああやって勝つんだな」

[ 2013年4月21日 17:49 ]

優勝した佐伯三貴(左)を祝福する横峯さくら

女子ゴルフツアー KKT杯バンテリンレディース最終日

(4月21日 熊本県菊池郡 熊本空港カントリークラブ=6455ヤード、パー72)
 首位と1打差でスタートした横峯さくらは、パットで崩れた。前半は首位戦線にとどまったが、パットをことごとく外した後半9ホールで3ボギー、1ダブルボギーをたたき、優勝争いから消えていった。「自分のショットはできたのに、パッティングが…。悔しい」と嘆いた。

 勝負どころでバーディーを奪い、優勝した同組の佐伯とは対照的な内容。2011年6月を最後に優勝から遠ざかる元賞金女王は「ああやって勝つんだな、と目の前で見られたので、いい勉強になった」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年4月21日のニュース