ソチ五輪聖火リレーはバイカル湖底から北極点、宇宙まで!

[ 2013年4月12日 07:49 ]

 2014年2月に開催されるロシア・ソチ冬季五輪のチェルニシェンコ組織委員会会長は11日、聖火リレーが「宇宙」や北極点をめぐるとの計画を説明した。ロシア新聞(電子版)が報じた。

 東シベリアにある世界最深の湖バイカルの湖底や、カフカス山脈にある欧州・ロシア最高峰エリブルス山(5642メートル)も通る。

 会長は同紙主催の会合で、ソチ五輪の聖火リレーは「おそらく二度と繰り返すことができない」規模だと強調。ことし10月7日にギリシャのアテネからモスクワに届く聖火は、国内をめぐるものとしては最長の123日をかけ、ロシア全土の約3千の市を回る。

 宇宙や湖底に聖火を運ぶ方法については、明らかにしなかった。聖火リレーには約1万4千人が参加する。(共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年4月12日のニュース