小塚 SP首位 右足甲の故障から復帰

[ 2013年4月3日 09:56 ]

 フィギュアスケートのガルデナ・スプリング杯は2日、イタリアのバルガルデナでショートプログラム(SP)を行い、シニア男子で右足甲の故障から復帰した小塚崇彦(トヨタ自動車)は81・18点で首位に立った。シニア女子の今井遙(ムサシノク)は46・67点の7位となった。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年4月3日のニュース