山口氏が全柔連強化委に 環境改善に意欲

[ 2013年3月27日 20:56 ]

 全日本柔道連盟(全柔連)は27日、元世界女王の山口香氏(48)が強化委員に就任したと発表した。同氏は暴力問題を告発した女子15選手をサポートしていた。

 山口氏は「選手や指導をされる先生方がやりやすい環境になるよう、思うところを発言していく」と抱負を述べた。代わってロサンゼルス五輪金メダルの細川伸二氏が強化委を外れた。

 コーチ陣がそろわない日本女子代表について山口氏は「慌てて体制をつくる必要はない。地に足を着けて考えた方がいい」と指摘。助成金の問題については「指導に関わっている人が助成金をもらうシステムを選手に示した方が良い。それが見えなければ選手の不信感につながる」との見解を示した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年3月27日のニュース