「東京五輪」都民支持率は過去最高77% 招致委調査

[ 2013年3月27日 06:00 ]

 20年夏季五輪の東京招致委員会は26日、理事会を開き、3月に実施した独自の開催支持率調査で都民の支持率が過去最高の77%になったと報告した。1月の独自調査から4ポイント増えた。

 調査は国際オリンピック委員会(IOC)評価委員会が3月上旬に来日した後に実施された。水野正人専務理事は「評価委の訪問が多くの報道で取り上げられ、理解が深まった」と述べた。一方、IOC調査による立候補都市の開催支持率は東京70%、マドリード76%、イスタンブール83%。招致委の調査結果ではなくIOCの調査結果が、開催都市を決める9月の投票でIOC委員が参考とする報告書に記載される。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2013年3月27日のニュース