日本勢は男女とも決勝に進めず/W杯スキークロス

[ 2013年3月17日 21:40 ]

 フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は17日、スウェーデンのオーレでスキークロスを行い、男子予選で滝沢宏臣(日建総業)は45位、河野健児(パートナーエージェント)は48位に終わり、上位32人による決勝トーナメントに進めなかった。

 16人が通過する女子予選は梅原玲奈(クラブワン)が22位、福島のり子(ICI石井スポーツク)は転倒してゴールできず、ともに落選した。

 男子はジャンフレデリク・シャプイ(フランス)がW杯初優勝を果たし、アレックス・フィバ(スイス)が最終戦を残し種目別優勝を決めた。女子はファニー・スミス(スイス)が今季4勝目、通算5勝目を挙げた。

 ▼滝沢宏臣の話 攻めきれずにゴールしてしまった。練習の量、質の差が出た。体の回復も追いついていない。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月17日のニュース