マークセン逆転V、日本勢は谷原の10位が最高

[ 2013年3月17日 19:20 ]

通算24アンダーで優勝したプラヤド・マークセン

 男子ゴルフ日本ツアー開幕戦、タイ・オープン最終日は17日、バンコク郊外のタナシティー・クラブ(6930ヤード、パー72)で行われ、同ツアーメンバーで47歳のプラヤド・マークセン(タイ)が64で回って通算24アンダー、264で、6位から逆転し5季ぶりの4勝目を挙げた。優勝賞金は18万ドル。賞金ランキングには1ドルを87円07銭で換算した約1567万円が加算される。

 スコット・ストレンジ(オーストラリア)が2打差の2位。日本勢は9バーディー、2ボギーの65で回った谷原秀人が通算19アンダーで10位となったのが最高で、8位から出た藤本佳則は17アンダーの20位にとどまった。

 ▼プラヤド・マークセンの話 昨年、右ひじを故障して落ち込んだが、それが完治した。すごく練習してこの大会に臨んだ。その成果が出て、とてもうれしい。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月17日のニュース