さすが昨季の賞金女王 全美貞、総合力の高さ見せつける

[ 2013年3月17日 18:46 ]

プレーオフを制し、今季ツアー初優勝の全美貞
Photo By スポニチ

ヨコハマタイヤ・プロギア・レディース

(3月17日)
 全美貞は、プレーオフで11メートルの長いパットを1打で沈めるなどショットとパットが安定しており、昨季の賞金女王を獲得した総合力の高さを見せつけた。

 プレーオフの相手のヤング・キムは同じ韓国の年上のゴルファーで「好きな先輩」と話す。その先輩を破り、「勝って申し訳ない」と苦笑した。

 シーズン2戦目の優勝は自己最短。ツアー通算30勝で獲得する永久シードまで、あと8勝に迫り、「早く取りたい」と意欲を口にした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月17日のニュース