磋牙司 膝痛め休場 全治1カ月

[ 2013年3月17日 11:38 ]

 大相撲の西前頭14枚目の磋牙司(31)=本名磯部洋之、静岡県出身、入間川部屋=が左膝靱帯などを痛め、春場所8日目の17日に休場した。対戦相手の若の里は不戦勝。

 師匠の入間川親方(元関脇栃司)によると、7日目の富士東戦で負傷し、全治1カ月と診断された。休場は2009年春場所以来で4度目。

 今場所、幕内に復帰した磋牙司は7日目まで2勝5敗。回復具合によって再出場を検討するという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月17日のニュース