藍 67で単独首位「18番でパーパットを入れたのはすごく大きい」

[ 2013年3月17日 09:38 ]

 米女子ゴルフのRRドネリー・ファウンダーズ・カップは16日、アリゾナ州フェニックスのワイルドファイアGC(パー72)で第3ラウンドを行い、2位から出た宮里藍はボギーなしの5バーディー、67で通算19アンダー、197に伸ばして単独首位に立った。米ツアー通算10勝目を狙う。

 ステーシー・ルイス(米国)と李知映(韓国)が4打差の2位。有村智恵は5バーディー、3ボギーの70で回り通算4アンダーとなった。

 ▼宮里藍の話 ショット、パットともに安定し、大きなミスはほとんどなかった。18番でパーパットを入れたのはすごく大きい。最終日につながる。ステーシー(ルイス)は今すごくいいプレーをしているので、彼女についていくつもりで頑張りたい。(共同)(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月17日のニュース