藤本「レベル低いと思われる」 意地の日本人最高8位

[ 2013年3月17日 06:00 ]

第3ラウンド、9番でパットを打つ藤本佳則

男子ゴルフツアー タイ・オープン第3日

(3月16日 タイ・バンプリー タナシティー・クラブ=6930ヤード、パー72)
 2年目の藤本が意地を見せた。11番でアプローチを2度ミスしてダブルボギーを叩きながらも、上がり5ホールで4バーディー。首位と4打差の日本人最高の8位につけた。

 「日本人トップでも1位じゃないですから。もっと日本ツアーのメンバーで優勝争いをしないとレベルが低いと思われる」と昨年の賞金ランク5位の自覚をにじませた。「1、2番は簡単だからきっちり取れれば…」と逆転Vを視野に最終日に臨む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月17日のニュース