宮本「全部入った」10バーディー、イン自己ベスト29

[ 2013年3月17日 06:00 ]

男子ゴルフツアー タイ・オープン第3日

(3月16日 タイ・バンプリー タナシティー・クラブ=6930ヤード、パー72)
 第2ラウンドの残りと第3ラウンドが行われた。114位からカットラインギリギリの52位で予選を通過した宮本勝昌(40=ハートンホテル)が、コースレコードタイの63をマークし、通算14アンダーの11位に急浮上した。藤本佳則(23=フリー)が3日連続の67を出して通算15アンダーで日本人最上位の8位。ルーカス・リー(25=ブラジル)が通算19アンダーで単独首位に立った。

 宮本がバーディーショーを見せた。「最高のプレー。パットが全部入った。(バーディーの内容は)たくさんあって覚えてないよ」。最終9番でボギーを叩き、コース記録こそ逃したものの、インでは自己ベストタイの29をマークし10バーディー、1ボギーの63でフィニッシュ。パットが安定していた上にバーディーパットも5メートルが最長とショットも切れた。

 初日は73で114位。2日目に66を出したものの、通算5アンダーはカットラインギリギリだった。だが「練習でできたことが試合でできるようになった」と手応えをつかみ快進撃につなげた。過去に選手会長を2度務め、新規の大会スポンサーがなかなか付かない日本ツアーを取り巻く環境の厳しさを知る。「結果的に日本人が優勝争いするのが大事なこと。自分ももうひと踏ん張りしたい」と首位と5打差からの巻き返しを誓っていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月17日のニュース