無良 4回転失敗も8位 初の五輪へ力を「証明したい」

[ 2013年3月17日 06:00 ]

男子フリーで演技する無良崇人

フィギュアスケート世界選手権第3日 男子フリー

(3月15日 カナダ・ロンドン=バドワイザー・ガーデン)
 SP11位だった無良が8位に浮上した。冒頭の4回転ジャンプが両足での着氷となったが、残りのジャンプで大きなミスはなかった。

 「全体的にまとめることができた。4回転に失敗してもほかをまとめれば、ある程度のところに残ることができる」。来季はソチ冬季五輪代表を争う勝負のシーズンとなる。初の五輪出場を目指す22歳は「(代表)選考の中に入ることができるということをしっかり証明したい」と気合を入れた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月17日のニュース