レスリング存続へ各国五輪委員会連合がFILAと連携

[ 2013年3月6日 06:00 ]

 各国オリンピック委員会連合(ANOC)のアハマド会長は5日、レスリングを20年五輪の実施競技に残すことがANOCの総意で、存続に向けて国際レスリング連盟(FILA)などと緊密に連携していく考えを明らかにした。

 20年五輪で行われる競技の最後の1枠は、9月のIOC総会で決まる。アハマド会長は「総会での投票でレスリングが残るという確信がある」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月6日のニュース