連続欠場の罰則強化 3年連続なら除名処分

[ 2013年3月6日 06:00 ]

 JGTOの総会では今季の活動方針などを確認した。スポンサーとの関係を強固にするため、3年連続で同一大会を欠場した選手は除名処分を下すことを決めた。

 これまでも2年連続欠場の場合に100万円の罰金があったが、さらに重い罰則をつけた。ただし、同一週に海外での試合に出場した選手ら、やむを得ない事情がある場合には適用されない。また、賞金シード枠を現行の賞金ランク上位70人から60人にすることも決定。14年シーズンの賞金ランクから導入し、15年から60人となる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月6日のニュース